編入留学についての情報がいっぱい!

当サイトは、編入留学について徹底的に解説しています。
字面からなんとなく意味はわかるけど詳しくはどういうことなのか理解を助けつつ、アメリカ・イギリス・カナダ・フィリピンの、それぞれ4カ国の魅力についてお伝えします。
同じ英語圏でも、国が違えば文化も違います。
当サイトをご覧になり、交換留学とも短期留学とも違う過ごし方をしている自分を想像しながら、それぞれ4カ国の中から、お気に入りを見つけてみてください。

新たな道を開拓できる!編入留学の手引きを徹底解説

新たな道を開拓できる!編入留学の手引きを徹底解説 そもそも、編入留学とは?簡単に言えば、海外の大学へ語学力もそこそこに入学することです。
詳細は当サイトにて詳しく解説されているのでご参考いただければと思います。
日本の大学に入ったけれど、興味のある分野の研究ができない。
TOFLEなど留学に必要な語学試験を受けるのが面倒臭い、長期的に留学して専門的に学びたい、今まで検討していた交換留学などではカバー出来ない悩みがあれば、編入留学を検討してみることをおすすめします。
海外の大学に入学するのはハードルが高いと思っている方は特に読んでいただきたい内容です。
留学には思った以上の選択肢が用意されています。
ぜひ知識を広げて、自分の可能性を最大限に発揮できるチャンスを掴んでください。

編入留学の条件について知っておきたいこと

編入留学の条件について知っておきたいこと 編入留学を希望している場合、どのような条件があるのか確認しておくことが非常に重要です。
必要な情報を得て、充実した編入留学生活を送れるようにしましょう。
希望する国、大学において条件を確認するのは当たり前ですが、どの国、大学を選ぶうえでも必要となるものをまとめていきます。
まず、高いレベルの英語力を求められます。
必要不可欠な能力であるとともに、編入留学をしている際に日常生活でのコミュニケーションを取る上でも必須です。
入学時に提出が必要となる英語試験ではIELTSやTOEFLのスコアが必要になるのがほとんどですが、コミュニティカレッジやTAFEなどを介する場合は英検やTOEICでも可能な学校があります。
次に、レベル高い大学への進学を希望するなら、高いGPA(Grade Point Average)が必要となります。
書く科目の成績から特定の方法で計算される成績評価ですが、アメリカの大学や高校で一般的に使用されていて留学の際の学力を測る基準となります。
上記にまとめた内容は主に必要となるものですが、海外大学への編入留学をするためには個人のレベルや学びたい内容によって異なります。
しっかりと自分の希望する編入留学を叶えるための条件を確認しましょう。

編入留学の出願はどのようにしておこなうのか

編入留学とは、国内の大学で一定の単位を取った後、自分が留学したい大学(2年次、あるいは3年次)に入学することです。
留学先の大学で取得単位の目安がありますのでまずはそこの大学を調べることです。国内で一定以上の単位を修得して、留学先で試験や面接を受けます。単位と試験と面接を総合して合否が決まります。
編入留学を受ける前に国内の大学で推薦状や志望動機、単位証明書をそろえて出願します。編入留学先で多いのはアメリカやイギリスなど英語圏が多いです。海外で文化や人などを学びたいと言った理由の他に、そのまま大学院まで進み、現地で研究する方も少なくないです。
日本と違って、アメリカは自由を尊重しますので、自分の意見や交流がけっこう盛んです。
国際化の今日、編入留学をする学生が増えつつありますので、これから先もいろいろな国で学んだりする学生が増える傾向です。金銭的なものが関わってきますが、海外は日本より物価が安いので思ったほどお金はかからないです。

編入留学の費用は思ったほど高くないようです

編入留学とは国内で一定以上の単位を修得した後、留学先の大学に入学(2年次、あるいは3年次)することです。国際化の波に乗って日本国内でもこの編入留学を志願する学生さんが増えてきています。
留学先はアメリカ、イギリス、オーストラリアなど英語圏が多いです。単位を修得して留学先の大学には無事合格できたけど、手放しでは喜べない問題が生じます。
それがお金です。お金がないと足を運べない。授業料や生活費などいろいろ頭に思い浮かんできます。
例えば、アメリカへ飛行機で行く場合。片道10万くらいで、その後いろいろと出費が重なってきます。生活費となれば食費や光熱費などけっこうあります。
ですが編入留学は思ったほどに費用はかかりません。国内には留学生のための奨学金制度があるからです。無利子で借りることができるのでひじょうに便利です。
また海外は物価が日本よりも安いため生活費や授業料が国内の半分近くですむ場合があります。物価指数はネットで検索できますので調べておくとよいです。

編入留学で考えられるデメリットには何がある?

編入留学のデメリットを挙げると、まずいきなり専門分野を学ぶため勉強についていくのが難しいということがあります。
それまでどちらかというと広く浅く幅広い分野を学んでいると、専門的な知識を習得するのが非常に大変に感じます。
人によっては授業についていけず、単位を落としてしまうこともあります。留年することになればそれだけ余分に費用もかかります。
また、編入留学には十分に英語を理解しているつもりでも、使いこなすのが難しかったといった事例もあるようです。
語学学校などで英語を学んだ場合、講師を始めとして周囲はできるだけ分かりやすい英語で話そうとします。それに慣れていると、内容を聞き取るだけで精一杯ということもあります。
特に欧米の場合には積極的に授業に参加することが求められます。日本ではしっかり聞いているだけで真面目と評価されますが、欧米では自分から質問したり発言したりしないと評価されません。そのスピードについていけないこともあります。

ロシアへの編入留学を希望されている場合について

インターネットなどで世界中が繋がっている今は遠い国であっても近くに感じることはありますが、この国際化社会において幅広い世界を若いうちに体感しておくことが重要になります。
その為にも、編入留学ということが増えていますが、その中でも編入留学先をロシアにする方というのが少なくありません。
ただ言語という上で、日本国内では主に母国語と英語の授業はありますが、ロシア語の授業というのはないので、自ら学びにいくことが必要になってきます。そしてある程度の日常会話ができるようになった段階で、留学を進めてみることがポイントになります。
現地の文化を学ぶことも大切ですが、何よりも生きたその国の言葉を感じることは、これからの人生にとっても大きく役立つことになります。
異国で学んだことを国内で活かすことも出来ますから、今後の成長のことを考えると編入留学は、これからの社会にとっても役に立つことになり、結果的に国の発展になるでしょう。

アジア地域への編入留学をする人が増えています

アジアの大学に編入留学する人が多く、いろいろなメリットがあります。1年生から大学に入学するのではなく、日本の大学に入学してそれからアジアの大学に編入する方法です。
留学費用を大きく節約することができ、2年分の単位を認められるなら、2年間留学で4年制大学を卒業することができます。
4年間在学することと比較すると、費用を半分ぐらいに減らすことが可能です。
日本の学部とは異なる分野などに挑戦することができるのもメリットで、アートや演劇なども専攻することができます。
編入留学を利用すると、学費を最大2年間分節約することができるでしょう。日本からの留学生や編入生の場合、大学の奨学金が狙うことが可能です。
大学での成績が良いと奨学金をもらえることもあり、中には返済不要の奨学金もあるでしょう。
奨学金の額は少額や全額免除など様々です。利用するには成績が重要になるので、日本の大学で良い成績をとらなければいけません。
数年前から準備することによって、効率良く留学することが可能です。

編入留学するケースにはどういったものがあるのか

頑張って入学した学校でも、入学してから理想と違った、想像と違ったという理由で他の学校への編入を考える人というのは少なくありません。
そして大学であれば、編入留学という形で海外の大学へ編入するケースというのもあります。海外の大学に編入するような編入留学の場合は、海外の文化や歴史を学べるというメリットもありますが、その他に海外の大学ならではの学び方ができるということもあります。
日本の大学に比べて専門分野での活動が進んでいる場合や、やりたいことへの理解が多く得られるようなケースは、編入留学を選んだほうが良いということもあるでしょう。
理由は人それぞれですが、やりたいことでの選択肢が増えるというのが多くの理由である場合が多いです。
費用的なことや生活的なことで事前準備なども必要ですから、誰もが思い立ったらすぐに実現できるというようなものでもないですが、そうした学び方もあるのだということを覚えておくと良いと思われます。

海外大学へ編入留学をして卒業する方法が人気

将来的に海外の大学を卒業した学歴を残したいと計画を立てている方は多いですが、1年次から大学に直接入学するためには海外大学の受験に合格する必要があります。
そこで近年注目されているのが、日本の大学や専門学校に在籍した状態で、単位の認定制度を利用し他大学へ編入する方法です。
学校同士が提携校・
姉妹校だった場合に限定されるため、提携校以外では単位以降が難しく、審査に時間がかかる場合もあるので注意です。 編入留学の方法は他にも、地域密着型のコミュニティカレッジで2年間学んでから、卒業後に大学の3年次に取得した単位を以降して編入留学を行う方法です。
大学への直接入学よりも求められる入学条件が圧倒的に優しいので、授業料を抑えたいという学生さんにもおすすめです。オーストラリアのTAFEの場合、1~1.5年コースとなるので終了後は大学2年次に編入することになります。
パスウェイプログラムからの編入するという方法もあり、各大学や提携教育機関が提供している大学編入プログラムを就学し、大学2年次に編入するというケースです。
直接入学よりも求められる英語力が低く設定されているので、語学力を高めながら大学1年次の履修科目を就学して、単位を取得することが可能です。

編入留学は直接留学と何が違うのか基本を確認

留学する際に、まず気をつけるのはいつから行くかということです。例えば、入学から卒業まで海外の大学に通う人もいれば途中から編入留学する人もいます。
どちらもそれぞれメリットがありますが、最初の方法が違うので注意してください。入学から卒業までの場合は、当然ですが入学試験も直接受けることになるでしょう。
学費や授業、就職など細かいことまでしっかり調べてから受験して行くことをお勧めします。というのも、途中で何かの問題で留学を辞めると退学になってしまうからです。
その場合は、日本に帰ってきて新たに大学や専門学校を受験するか就職するしかありません。学費の相場も、住むところの家賃も日本とはだいぶ違ってくるので学校以外の点もしっかり調べておくことをお勧めします。それが不安な時は、日本の学校に通ってから編入留学という手もお勧めです。
中には海外の大学と提携していて、途中から編入して単位を相互で利用できるようにしているところもあります。日本と海外の両方の学校に通えるというメリットもあって、編入留学はお勧めできます。
このようにまずは、直接留学か編入留学かの基本を確認しておくことが大切です。

編入留学の方法と種類を知っておくことが成功の秘訣

"編入留学は海外の学校に途中から入学することであり、日本からの場合にはよく起こるものです。その理由は日本の年度は4月から翌年の3月までとなっていますが、海外の多くは9月から翌年の8月までは年度の切り替わりとなることが多く、日本の学校を3月に卒業したり、進級すると言う人にとっては途中から編入すると言う形になってしまうためです。
この編入留学には様々な種類があり、編入することができる学年もその学校によってまちまちであるため、事前に確認をしておくことが大切です。
一般的には学力テストを行った結果によってそのクラスが決定すると言うことも多く、様々な手続きが必要になる場合もあるため、これを十分に理解しておくことが必要となります。
最近では留学先の年度に合わせて留学をすると言う人も増えていますが、時間を無駄にしたくないと言う人の場合には編入留学をする場合も少なくありません。
その種類により手続きや学ぶことができる内容も異なる場合があるため、事前に調査を行っておくことが大切です。

国内の大学から編入留学するときの主な特徴

編入留学は、国内の大学などからアメリカの大学へ直接3年次編入することで、前の学校で修得が済んでいる単位が単位互換されるので日本の大学での授業が無駄になりません。
基本的に通常の大学編入と同じように、日本の大学で2年間学んでから60単位を修得している状態で、アメリカの大学へと3年次編入します。
国内にある学校へ編入してから、海外の学校へ留学するとプログラムにより費用が高額になります。交換留学制度がある学校なら学費が二重にならない・単位互換が出来るため費用を抑えられます。
編入留学だと直接編入するので余計な費用がかからず、日本の学校で休学したり、別に学費が必要になりません。
どちらでも単位が取れるため4年で卒業することも出来ます。出来るだけ費用を抑えながら自分の環境を変えたい、レベルが高い所に通いたいという場合におすすめです。
ただ、現在の時点では情報があまりなく、日本の学校に在籍してないためサポートが利用できないので注意です。

編入留学をするときに必要な書類や種類について

編入留学を行う場合、必要な書類の種類や条件・期日などは大学ごとに違いますが、一般的には次のものが必要です。申込書は大学で個別に作成されるもので、編入者が多いアメリカだと共通のものが使われてます。
エッセイは志望した理由やこれまでの経験、スクールリポートは在籍中の大学の評価や支払い状況の確認のための書類です。
他に成績証明書は、在学中の大学での成績を証明するもので、GPAが合否に大きく影響します。中間試験リポートは、成績証明書に反映されてない直近の中間試験の結果を報告するもので、一部の名門大学だと提出が必要です。
これ以外にも教授からの推薦状が必要な大学や、TOEFL/IELTSスコアも最低限の英語力を証明するためのスコアで、目安はIELTSは6.5、TOEFLは80点以上です。
SAT/ACTスコアは、アメリカの一部の大学で必要な共通試験のスコアで年に何回も受けるチャンスはあります。編入留学では、最も「成績証明書」が重視されていてGPAは2.0以上あれば可能ですが、名門大学だと3.5以上は必要となります。難関の学校だと4.0に近いスコアが無いと難しいです。

日本の大学から編入留学するときには主な流れ

日本の大学からアメリカの大学へ編入留学する場合、日本の大学のレベルや学部は問われず、文科省に認可されていれば通信制でも大丈夫です。
認められる単位の上限は大体60、大体2年分の数です。例えば国内で2年間学んでから、アメリカで3年生で編入留学をしてから2年後に卒業することも可能で、単位制を活用することで在学期間も長引くこともないです。
1年分の単位を認めてもらえれば2年生として編入し、1年半分なら残り2年半となります。既に卒業していても編入は可能で、基本的に大学院へ留学したほうがいいですが別の分野で挑戦したいと言った場合は大学もいいかもしれません。
一番のメリットは1年生から入学しないで、先に国内の大学に入学してからその後アメリカの大学へ編入すると留学費用が節約できます。
2年分の単位が認められれば2年間の留学だけで卒業出来ますし、4年間留学するよりも費用は半分まで抑えられます。違う分野へ挑戦出来るのも魅力で、アート・演劇・音楽なども初心者でも専攻出来ます。

編入留学についてもっと調べる

編入留学